MENU
人気医師が応える二重整の全て

切開法ってなに?

切開法とは、まぶたにメスを入れしっかりとしたラインを作り二重に適した状態を形成する術式です。ただ、埋没法に比べて切る施術の切開法は”怖い”など、印象が良くないイメージがあります。実際お客さまの多数は埋没法をご希望されますので、切開法をおすすめする際はお客様のご希望と目の状態を判断し、埋没法だとご希望に添えない場合に切開法をご提案することが多くございます。
そんな切開法ですが、一番のメリットは持続力です。埋没法は、お客様ご自身の目をあける力をかりて二重にする手法ですが、デメリットとして糸がほどける可能性(持続力の低さ)があります。
一方、切開法はお客様のまぶたや目のあける力を二重に適した状態として形成することができますので、綺麗なラインの二重を長期間(半永久的)維持することができるのです。一方デメリットとしては、腫れるということにつきます。埋没法も多少は腫れるのですが、切開法はメスを入れる分腫れる時間は長くなり、ダウンタイムの長さが大きなデメリットと言えるでしょう。

二重に適した状態って?

二重は、まぶたの薄さと目をあける力が作用してできるのですが、切開法をおすすめする方の特徴としては、まぶたが厚すぎて皮膚を折りたたむ力が弱いなどがあげられます。
折りたたむ力を上げるためには、余分な皮膚と脂肪・筋肉を取り除いてまぶたを薄くし、二重を強く維持する縫合を行うことがポイントです。

皮膚の厚みが薄くなれば、二重になりやすい状態を作ることができますので、綺麗なラインの二重が形成できます。ただし埋没法以上に腫れますので、腫れのピークは一週間、完全に解消するまで最短でも1、2ヶ月、最長3ヶ月のダウンタイムを必要とします。手術時期などはドクターとよく話し合ってお決めください。

持続力が一番長い施術は?

切開法は埋没法よりも持続力が長いとお伝えしましたが、切開法の中でも「眼瞼下垂術を併用した、全切開法二重術」が一番持続力が長いです。

眼瞼下垂とは、目を開いている状態でまぶたが瞳孔(黒目)にかぶさってしまい、黒目が見えにくい症状のことをいいます。一般的には「眠たい目」といわれることが多い方が眼瞼下垂と診断されるケースが高いです。眼瞼下垂は、先天性の方とハードコンタクトレンズの長期間使用などによる後天性の方がいらっしゃいますが、近年後天性の方が増えたようにも感じます。
「眼瞼下垂術を併用した、全切開法二重術」は、二重を作る原動力となる「目を開ける力を回復させる」眼瞼下垂術と、全切開法二重術を同時に行うものです。持続効果も長く目力も強まりますので、おすすめできる二重の整形術の一つです。湘南美容外科では、切らない眼瞼下垂も実施しておりますので、お客様の選択肢の幅は広がると思います。
ただ、お客様の目の状態にあった施術が一番良いということは変わりませんので、まずはドクターに希望を伝え相談し、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

当院の切開法のご紹介

切る二重術(切開法)
まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。
眼瞼下垂
まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

セミナーのご案内

二重術セミナー

フォーエバー二重術

スタンダードな埋没法

完全埋没法

湘南美容外科クリニック