MENU
人気医師が応える二重整の全て

二重整形埋没法とは

埋没法のメリット、デメリットって?

埋没法とは、簡単に言うとメスを使わず(切らず)に医療用の針と糸を使い二重をつくる施術のことを言います。
髪の毛よりも細い医療用の糸をまぶたの内側から留めるだけの、今人気のプチ整形術です。

その手軽さと、メリットの多さから非常に人気の施術で

といったことが利点としてあげられます。

一方デメリットとしては、二重をつくるために糸で留めますので、何かあった時に糸の結び目がほどけてしまうと、せっかくきれいな二重だったものが元の一重に戻る可能性があるということです。また、埋没法が適していない瞼に埋没を行うと、いずれラインが薄くなりますので、それもデメリットの一つと言えるでしょう。

そうはいっても埋没法は切開法と比べると負担は少なく、お客様でも埋没法を選択される方が多いことから人気のある二重整形といえます。ただし、誰でも埋没法が最適というわけでもなく、一番重要なことは埋没法に適応しているかどうかということですね。

埋没法は目をあける力をかりる手術

埋没法とは、一般的には瞼板という箇所に糸を留める瞼板法という術式が知られております。瞼板とは眉毛の生え際にありますので、そこと皮膚を直接結ぶ方法です。

当院で主に行っている埋没法はお客様の術後のことを考え、完全埋没法という術式を取っております。この二重の整形手法は、瞼板ではなく、挙筋といった目を開ける筋肉に糸を通すため、糸が角膜に接触しない埋没方式です。 術直後のツッパリ感や腫れの少なさはもちろん、糸がまぶたの中に完全に埋没するため眼球を傷つける心配がないことが特徴ですね。

埋没法の適応って何?

二重になるためには、目をあける力と皮膚の厚みが重要なのですが、埋没法の適応はこの二つの要素が大きく関係してきます。
まぶたが厚すぎる方は、糸を止めるだけでは皮膚を重ねることが難しく、目をあける力が弱すぎる方には糸の力だけでは足りず、皮膚を切除する必要が出てきます。
ある程度のまぶたの薄さと、ある程度の目を開ける力がないと埋没法の適応とは言えず、切開法をおすすめするケースがございます。

埋没法適応外の方に埋没法を実施することは可能ですが、その効果は弱く、お客様のご希望にそった二重をご提供することができませんので、場合によっては埋没法の施術をお断りすることもあります。

適応を広げるためには

埋没法の適応は、まぶたの薄さと目をあける力だとご説明してきましたが、ドクターの技術や術式によって普通は適応外の方でも、埋没法である程度の結果、クオリティーを出すことは可能です。 その代表例が、糸の留める数になります。

まぶたの厚みに合わせて糸の留める数を変えることで、通常の埋没法が適応しない方でも切開法を選択せずに理想の二重を手に入れることが可能です。(上の図を参照)ただしこれは、あなたの希望を踏まえあなたのまぶたの状態をドクターが正確に判断することが必要になり、カウンセリングにて正確に見極めることができるかどうかにかかってきます。 失敗しない満足のいく二重を手に入れるためにも、ドクターとのカウンセリングはとても重要となり、そのカウンセリングに対してドクターがどう対応するのかということも失敗を回避する一つの判断材料になるかもしれませんね。

本田医師おすすめの埋没法とは?

私が自信をもっておすすめできる二重(埋没法)は、クイックコスメティーク法という施術ですね。 クイックコスメティーク法は、ダウンタイムが少なく腫れも少ない術式で、施術後メイクをして帰れるほどお客様にとって負荷が少ないものなのですが、その理由は糸の縛り方にあります。クイックコスメティーク法は完全埋没法と同じように挙筋に糸をかけるのですが、特徴としてはキツく縛らないのです。 きつく縛らないと取れやすいってイメージがある方も多いと思いますが、ゆるく縛りつつ、取れにくいのがクイックコスメティーク法なんです。 通常よりきつく縛らないことで腫れを抑えることができますし、お客様への負担を軽減することができますので、私も自信をもっておすすめすることができる施術ですね。

当院の埋没法

切らない二重術(埋没法)
極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、アイプチ感覚でできます。

セミナーのご案内

二重術セミナー

フォーエバー二重術

スタンダードな埋没法

完全埋没法

湘南美容外科クリニック